【ビジネス用語】フィックスとは?フィックスの意味や使い方について

アイキャッチ

「ちゃんとお客さんとフィックスしといてね」

上司からこのように声をかけられたことはありませんか?

「ファックス」の聞き間違いかと思いましたが、文脈として意味が通りません。
間違いなく、「フィックス」と上司は言ったのです。

 

たかぴー
フィックスって確か英語で「修理」って意味だよな…。
お客さんと関係を修復しておけってことなのかなぁ。

 

確かに、英語のフィックスには修理・修復という意味がありますが、ビジネスではそのような意味では使いません。
では、フィックスにはどのような意味があるのでしょうか?

今回はそんな「フィックス」の意味や使い方、注意点などを解説していこうと思います!
続きを読む

【ビジネス用語】アップルトゥアップル(Apple to Apple)の意味と使い方

「それってアップルトゥアップルの比較になってる?」

上司にこんな質問をされたことはありませんか?
そのままの意味を考えてみると、リンゴとリンゴの比較になっているかを聞いているのでしょうが、全く意味が分かりませんよね。
毎度思うのですが、カタカナのビジネス用語は本当に意味がわからないので、使用はできるだけ控えて欲しいものです。

しかし現実問題、そうは言っていられません。
世のビジネスマンは、さもみんなが知っているかのようにビジネス用語を多用してきます。
なので、こちらもがんばって覚えていくしかありません。

さて、今回は「アップルトゥアップル」の意味や使い方などについて解説していきます。
ビジネスの現場で使われることは比較的少ない言葉ですが、実際出くわすとこれほど厄介なものはありません。

いざ出てきても大丈夫なように、ここでしっかり内容を理解しておきましょう。

続きを読む

【ビジネス用語】ブレストの意味とは?やり方や隠れた効果を解説

「今日の会議はブレスト形式で」

会議の場で司会者にこんなセリフを言われたことはありませんか?

ブレストと聞いて、ブレス=息を連想し、「息を吐くように話せ」という意味に捉えたのは僕だけではないはず。
まぁそれでも大きく意味は逸れていませんが、いずれにしてもカタカナのビジネス用語は意味の分からないことが多く、非常に厄介ですよね。

他の人たちがみんな意味がわかっている中、改めて意味を聞くのはなんだか気が引けてしまいますし…。

そこで今回はブレストの意味や使い方などについてまとめてみました。

ブレストは会議の質を高めるのに大切な手法のひとつです。
ぜひ今回で、ブレストマスターになってくださいね!

続きを読む

営業マンなら必ず覚えたい!ペンディングの意味と回避方法

「その案件ならペンディングらしいよ」

こんな報告を聞いて、頭の中がクエスチョンマークでいっぱいになった経験はありませんか?

ペンディングとは、保留、先送りといった意味がありますが、わざわざカタカナで言わなくても…って思いますよね。
はい、その気持ちよーくわかります笑

でも現実問題、営業マンにとってペンディングは絶対に避けたい回答のひとつですよね。
どうやったらペンディングを避けることができるのでしょうか?
1件でも多く受注に繋げることができたら、腹立つ上司を見返すことができるかもしれませんね。

そこで今回は、ペンディングの意味と、ペンディングを防ぐ方法について考えていこうと思います。

続きを読む

【3分でわかる】マイルストーンの意味や使い方、注意点まとめ

「で、マイルストーンはなに?」

上司や取引先に、このような質問をされたことはないでしょうか?
カタカナのビジネス用語は、言葉だけ聞いても全く意味を想像できないので、困ってしまいますよね。

たかぴー
マイルストーン?ストーンって石のことだよな…
でも石の話なんてしたかな??

このように混乱してしまうのも無理はありません。

ビジネスにおけるマイルストーンとは、仕事ひとつひとつにおける節目のことを指します。
マイルストーンを意識して仕事をすることで、仕事が効率的にミスなくこなせるようになるので、ぜひ覚えたい言葉のひとつですね。

それでは今回は、マイルストーンの意味や使い方、注意点などについて解説してきます。

続きを読む

スケールメリットとは?意味を正しく理解して誤用を防ぎましょう

ビジネスの現場で、スケールメリットという言葉を聞いたことはありませんか?

直訳すると「規模の利益」となりますが、具体的にはどういった意味があるのでしょうか。

実はスケールメリットは、正しく訳すと「規模の経済」で、経済学や経営学の用語の一つとなっています。

しかし、現実にはスケールメリットという言葉はビジネスの現場では正しく利用されていないのが現実です。
「規模が大きい」=「メリットがある」という単純な使用場面が多いのですが、これは正確には誤用です。
言葉はニュアンスだけでいい加減に使ってしまうと、恥ずかしい思いをするだけなく、相手にも誤解を与えてしまいかねません。

そこで今回はスケールメリットの本来の意味を正しく理解し、スケールメリットが生まれない事例について考えていきましょう。

続きを読む

ビジネスマンが成功するために経営学を学ぶべき3つの理由

経営学は経営者が勉強するための学問だと思っていませんか?

確かに経営学は企業の成功方法を研究する学問なので、そういった意味では経営者にとっては必須な学問なのかもしれません。
しかし、会社の従業員として働く以上、その会社の成功に貢献しなければならないはずです。ということは、企業の成功方法をまとめられた経営学を学べば、自然と自分自身がどのように働けばいいのかわかるようになりますよね。

それでは具体的にビジネスマンが経営学を学ぶことでどのようなメリットがあるのでしょうか?

今回はビジネスマンが経営学を学ぶべき理由を3つにまとめてみました。
経営者はもちろん、管理職から新入社員まで全てのビジネスマンにとって、経営学は必須の学問だということがわかるでしょう。
ひいては、自分の人生をよりよくするためにも経営学は役に立つものなのです。

続きを読む

ASAP(アサップ)とは?意味や使い方・注意点まとめ

アイキャッチ

「この仕事、ASAP(アサップ)でお願いね」

仕事をしていると、上司からこのような指示を受けたことはありませんか?

入社したての新入社員にとって、意味の分からないビジネス用語には本当に戸惑いますよね。
相手が恐い上司だと、聞くに聞けないと思います。

たかぴー
アサップ?あさっての事かな?
あさってまでに仕上げればよいのだろうか…

なんて間違った解釈をしてしまっては、大変なことになってしまいます。

そこで今回はASAP(アサップ)の意味や使い方・注意点についてまとめてみました。

ASAP(アサップ)の意味を理解して、仕事のデキる社会人を目指しましょう!

続きを読む

ROE、ROI、ROA それぞれの違い まとめ

ROE、ROI、ROAという用語の違いについてご存知でしょうか?

財務分析や株式投資の勉強をしていると、必ずといっていいほど出現する用語ですよね。
なんとなく利益を評価するための指標として大切だということはわかりますが、ほとんど同じようなローマ字が3文字並んでいるだけで、混乱してしまいますよね。

ブログのネタ探しの都合上、企業の財務分析をしなければいけないことが多くなってきたので、自分への備忘録としてそれぞれの違いを書き留めておきます。

続きを読む

コンビニ大手の海外進出状況を調べた結果、やばい会社を発見した…

アイキャッチ

コンビニの海外進出状況についてお探しではありませんか?

今や日本では当たり前の存在となったコンビニですが、日本のコンビ二各社が海外でどのように活躍しているか気になりますよね。

実際に調べてみると、意外としっかりとまとめられているサイトがないんですよね。
会社のホームページを見てもどこに書いてあるかよくわからないし…という方も多いのではないでしょうか?

実は各企業の海外進出状況は、ホームページの「IR情報」にまとめられているのですが、素人には難解なものになっています。

そこで今回はコンビニ大手各社のIR情報をもとに、海外の店舗数をまとめてみました。

続きを読む