任天堂がスマートフォン向けゲームを発売しなかった理由

任天堂がスマートフォン向けゲームを発売しなかった理由

Pocket

どうもたけぴーです。

2016年12月15日、任天堂から初のスマートフォン向けゲーム「SUPER MARIO RUN(スーパーマリオラン)」が発売されましたね。
でも、任天堂はずっと昔からゲーム開発していたわりに、スマートフォンゲーム市場に参入するのは遅すぎないと思いませんか?
実は、任天堂にはスマートフォンゲーム市場になかなか参入できなかった理由があるのです。

今日は任天堂がスマートフォンゲーム市場に参入できなかった理由と、「SUPER MARIO RUN(スーパーマリオラン)」が任天堂にどう影響を与えるかを予想してみます。

スポンサーリンク

任天堂が儲かるゲーム業界の構造

たかぴー
任天堂から待望のスマートフォン向けゲームが発売されたね!
つかさちゃんはもうプレイしてみたかな?

つかさ
はい!マリオが勝手に進んでくれるので、ゲームが苦手な私でもプレイしやすかったです!

たかぴー
僕も友達からやらせてもらったけど、さすが任天堂と思わせるような完成度の高さだったね。
さて、任天堂はゲーム業界No.1の地位を築いているけど、何を作っている会社かわかるかな?

つかさ
えーっとマリオやドンキーコングとか、ゲームを作っている会社ですよね?
あっ!他にはWiiやDSなどのゲーム機を作る会社でもあります!

たかぴー
そう、任天堂が他のゲーム会社と大きく違う点は、ソフトとハードの両方を開発する会社だということなんだ。
これが任天堂が業界No.1の売上にしている理由に一つになっているんだよ。

つかさ
つまりどういうことでしょうか?

たかぴー
この間ネットワーク外部性の話をしたことを覚えているかな?
ゲームのハードとソフトの間ではネットワーク外部性の間接効果が働いているんだ。

つかさ
確かネットワーク外部性の間接効果って、『ある製品の購入者が増えるほど、別の製品が供給され、その製品の価値が向上する性質』のことでしたよね?

たかぴー
その通り!そこまで正確に覚えてくれていて、僕は涙が出るほど嬉しいよ(泣
もっと具体的に言うと、『任天堂のゲーム機が売れるほど、ゲームソフトが供給され、任天堂のゲーム機の価値が向上する』ということになるよ。
つまり、
Ⅰ.任天堂のゲーム機が売れる
Ⅱ.他社のゲームソフトが供給される
Ⅲ.任天堂のゲーム機がさらに売れるようになる
Ⅳ.他社がさらにゲームソフトを供給する
Ⅴ.以下繰り返し
以上のような好循環が生まれるんだ。

つかさ
どんどん任天堂のゲーム機の価値が大きくなって、ゲーム機がたくさん売れていくんですね。

 

たかぴー
そうなんだ。ただし、任天堂はゲーム機を原価ギリギリの価格で販売しているので、実際的には他社のゲームソフトの売上の一部をライセンス料として受け取ることで収益を得ているんだよ。

つかさ
ゲーム機の価格をもっと上げたら、任天堂はさらに儲かるのではないでしょうか?

たかぴー
いや、実はそうすると任天堂の収益は減ってしまう恐れがあるんだ。
その理由はゲーム人口そのものが減ってしまう可能性があるからだよ。

つかさ
え、それはどうしてですか??

たかぴー
うん、初めてゲームを始めたい人は、最初にゲーム機とゲームソフトの両方が必要になるよね?
ここでゲーム機もゲームソフトも高い価格設定だと、なかなかゲームに手を出せる人がいなくなってしまうんだ。
だから任天堂はあえてゲーム機の価格を下げることで、ゲーム人口を増やそうと考えたんだ。

つかさ
なるほど!一度ゲーム機を買ってしまえば、2つ目、3つ目のソフトも購入したくなりますもんね!

 

任天堂はネットワーク外部性を働かせることで儲けている

前回の記事
「ネットワーク外部性とは|なぜネットワーク外部性を活用すると儲かるのか?事例を交えながら解説」
で説明したようにネットワーク外部性が働くと儲かるようになっています。
それは一度ネットワーク外部性が働くと、他社にとって、その製品への参入障壁が高くなってしまうためです。

ネットワーク外部性には「直接的効果」と「間接的効果」がありましたが、任天堂が上手く活用しいるのは「間接的効果」です。
もう一度ネットワーク外部性の間接的効果の意味を一言で説明すると
『ある製品の購入者が増えるほど、別の製品が供給され、その製品の価値が向上する性質』
です。これで意味が分からない場合は、前回の記事を読むことをおススメします。

さて、任天堂はどういったところで、ネットワーク外部性の間接的効果を働かせているのでしょうか?
それはゲーム機とゲームソフトの間です。
「ゲーム機が売れるほど、ゲームソフトが多く供給され、さらにゲーム機が売れる」構造になっているのです。
そして、任天堂はゲーム機がより売れやすくするために、ゲーム機の価格を低く抑え、ゲームソフトから得られるライセンス料で収益を得るというビジネスモデルとなっています。

非常にうまいビジネスモデルですよね!
しかし任天堂が成功した理由はこれだけではありません。
任天堂がゲームユーザーの目線で作り上げたゲーム機のクオリティの高さ、そして愛嬌あるキャラクターが活躍するゲームソフトの面白さも任天堂の強さの秘訣だということも忘れてはいけません。

 

なぜ任天堂はスマートフォン向けゲームを発売しなかったのか?

たかぴー
任天堂がゲーム業界で不動の地位を築いている中、任天堂の脅威となる存在が誕生したんだ。
それがスマートフォン向けゲームだね。

つかさ
はい!私も毎日のようにやってます!

たかぴー
最初は任天堂にとっては取るに足らない暇つぶし程度のゲームしかなかったんだけど、スマートフォンの性能が向上するにつれ、ゲームもどんどん面白くなっていったんだ。
2010年頃から始まったスマートフォンゲーム市場だけど、2013年頃からは従来の専用ゲーム機・ゲームソフトの関係で成り立っているいわゆるコンシューマゲーム市場より規模が大きくなっているんだ。

つかさ
えー!そんなにも大きくなっていたんですね!
確かに言われてみたら自分の周りでもゲーム機を持ってなくても、スマホでゲームをしている人は多くいるような気がします。

たかぴー
そうだね、この急速な市場の拡大も任天堂にとっても決して無視できないんだ。
現に任天堂以外のゲームソフト会社のスクウェアエニックス社やSEGA社はこぞってスマートフォン向けゲーム市場に参入している。
でも任天堂はこれまでの6年間、頑なにスマートフォン向けゲームを開発してこなかったんだ。
その理由はわかるかな?

つかさ
えー、コンシューマゲーム市場のゲームソフト会社はスマホゲームに参入したんですよね?
なんで任天堂だけが参入しなかったのでしょうか。プライドってやつですかね。。
あっ!任天堂が唯一ゲーム機の開発もしていたことと関係がありますか?

たかぴー
おお!そこに気づくとはさすがだね~!
任天堂がスマートフォンゲームを発売できなかった理由は「任天堂の収益構造」と深く関係があるんだ。
さっき話したように、任天堂の収益の源泉は他社のゲームソフトから得られるライセンス料だったよね。
もし任天堂がスマートフォンゲーム市場でゲームを売っても、任天堂のゲーム機が売れるとなかなか考えにくいよね?

つかさ
確かに、スマホでゲームが出来る以上、なかなかゲーム機まで買おうとは思わないでしょうね。

たかぴー
そうなんだ。
しかも任天堂がスマホゲームを出しにくい理由はもう一つあるんだ。
それは「ゲームソフトの売上の一部をライセンス料として他社に支払わなければいけないから」なんだ。

つかさ
え!?それは他のゲームソフト会社が任天堂に支払っていたものですよね?
どうして任天堂はそれを嫌がるんですか?

たかぴー
もちろん他のゲーム会社が任天堂のゲーム機であっても、スマホゲームであっても、売上の一部でライセンス料を支払わなければいけないのは変わらない。
でも任天堂が自社ゲーム機に対してゲームソフトを供給する場合は、ライセンス料を支払う必要がないんだ。
だって自分の会社が開発したゲーム機だからね。
つまり、任天堂が自社ゲーム機に対してゲームソフトを開発した場合と、スマートフォン向けゲームを開発した場合だと、売上に対する利益率が全然違うんだ。
これが任天堂がスマートフォン向けゲームを開発出来なかった理由なんだよ。

つかさ
確かに市場の規模は魅力的ですが、任天堂がスマホゲームを開発するメリットは思ったより少なさそうですね!

 

任天堂がスマートフォン向けゲームを発売しなかった理由は、
結果として任天堂の収益減につながる恐れがある為

『任天堂が儲かるゲーム業界の構造』で見たように、任天堂の収益の柱は主に二つあります。

任天堂が自社開発ゲームソフトから得られる売上
他社開発ゲームソフトから得られるライセンス料

任天堂がスマートフォン向けゲームを発売すると、アップル社あるいはグーグル社に対してライセンス料を支払わなければなりません。
これは任天堂に限らずスマートフォン向けアプリを開発する企業・個人全てに対して当てはまります。
しかし、任天堂が開発した自社ゲーム機に対してゲームを発売した場合には、当然ライセンス料は発生しません。
つまり、任天堂がスマートフォン向けゲームアプリを開発すると、ライセンス料分どうしても利益率が下がってしまうのです。

また、任天堂は自社ゲーム機をたくさん売ることで、他社にもゲームソフトを開発してもらい、そこからライセンス料を得ていました。
任天堂は多くのゲーム機を売るために、自社ゲーム機向けにゲームを開発していたという意味あいもあるのです。
しかし、任天堂がスマホゲームを発売すると、「ゲーム機をたくさん売り、ゲーム会社からライセンス料を受け取る」というビジネスモデルが破たんしてしまいます。
つまり、任天堂がひとつのゲームソフト会社に成り下がってしまうんですね。

以上の理由から、任天堂はスマートフォンゲームを発売できなかったわけです。

スーパーマリオランが任天堂に与える影響は?

たかぴー
こういった背景がある中、任天堂はスマホゲームの発売に踏み切ったんだ。

つかさ
こうしてみると、かなり思い切った決断に思えますね。
どうして任天堂は発売しようと思ったのでしょう?

たかぴー
その本当の理由は僕にもわからないけど、恐らくスマホゲーム市場の拡大と、コンシューマゲーム市場の縮小に関係があると思うよ。
確かに任天堂にとってスマホゲームは利益率は低いけど、販売数が多ければその利益率の低さもカバーできるよね。
それが見込めるほど、スマホゲーム市場が拡大したと任天堂が判断したのかもしれないね。
また、コンシューマゲーム市場は2007年をピークに減少傾向にあるんだ。
市場そのものが無くなってしまったら、任天堂は存続できなくなっちゃうからね。
だから今のうちにスマホゲーム市場への参入を考えたんじゃないかな。

つかさ
なるほど~。任天堂としては苦肉の策だったというわけですね。
それで、今回発売された『スーパーマリオラン』は成功したんです?

たかぴー
色々言われているけど、僕は成功だったと思うよ。
ゲーム業界では出荷本数100本以上が成功の目安なんだけど、『スーパーマリオラン』はたったの3日で140万回課金されているわけだからね。

つかさ
物凄い勢いで売れているんですね。

たかぴー
ただし、これが一過性のものかどうかは注意しなければいけないね。
そういった意味で、次にスマホ向けゲームのタイトルでどこまで数字が伸ばせるか注目だ。
もちろんスーパーマリオランの課金回数がどこまで伸びるかも楽しみだね。

つかさ
なるほど。スタートは成功したからといって、今後も成功し続けるわけではありませんからね。
でもこのままスマホゲームも売れ続けたら任天堂も安心ですね!

たかぴー
いや、実はそうでもないんだ。
『なぜ任天堂はスマートフォン向けゲームを発売しなかったのか?』でも説明した通り、スマホゲームは利益率が低いんだ。
特に今回の『スーパーマリオラン』はDeNA社が開発・運営で協力しているため、そちらにも売上の一部を支払わなければいけないはずだ。
つまり、『スーパーマリオラン』は見た目の売上よりも任天堂に残る『利益』は少ないはずだよ。

つかさ
ううっ…。
確かに企業である以上、どれだけ利益を得られるかが大切ですもんね。

たかぴー
つらいけど、これが現実だね。
それから、任天堂はスマホゲームの位置づけを「任天堂のゲームに興味を持ってもらう」ために開発しているんだ。
つまり、スマホゲームをきっかけにして、任天堂のゲーム機を買ってもらおうという戦略だね。

つかさ
なるほど!
スマホゲーム市場からコンシューマゲーム市場に呼び込もうというわけですね!
これは上手い戦略だと思います!

たかぴー
いや、これも実は上手くいかない可能性もあるんだ。
確かに中にはそういう人もいるかもしれないけど、その逆も考えられるからね。
つまり「今まで専用のゲーム機でしか遊べなかった任天堂のゲームがスマホでも遊べるなら、ゲーム機なんていらない」と考える人も出てくることが懸念されるんだよ。

つかさ
確かにそういう人も出てきそうですね。
もしそうなったら、任天堂としてはかなり厳しいですよね。

たかぴー
そうだね。
そういった意味で今回のスマホゲーム参入は諸刃の剣なんだ。
任天堂の思惑通りに市場が動いてくれるかどうか、今後も楽しみだね。

 

スーパーマリオランには短期的に成功か

スーパーマリオランはたった3日間で140万本を売り上げるという、爆発的普及を見せていますが、
任天堂は両手を上げて喜べない理由が2つあります。

スーパーマリオランは利益率が低いため
コンシューマゲームユーザーがスマホゲーム市場へ流れてくる恐れがあるため

先に述べたように、スマホゲームは任天堂にとって利益率が低いです。
それは他社に対してライセンス料を支払わなければならないからですが、
スーパーマリオランの場合は、共同で開発・運営しているDeNA社にも手数料を支払わなければいけません。
つまり、売上ほど任天堂の手元に残るお金は少ないと思われます。

また、任天堂はスマホゲーム市場から任天堂ゲーム機市場へ呼び込もうと考えていますが、
逆に任天堂ゲーム機市場からスマホゲーム市場に流れてしまう恐れがあります。
こうなってしまっては、任天堂が生き残る道はハードメーカーの地位を捨て、ゲームソフト会社としてやっていくしかありません。

確かに任天堂の開発するゲームはクオリティが高く、とても面白いものばかりです。
これからのスマホゲーム市場でもヒットタイトルを多く出していくでしょう。

しかし、それが任天堂の首を絞める結果になってしまうかもしれないのです。
そういった意味で今後のゲーム業界は注目していきたいですね。


Pocket

コメントを残す

*