経営学

「規模の経済」「範囲の経済」「経験効果」それぞれの違い

どうもたかぴーです!

この記事を読んでくれているみなさんは、学校の授業や経済雑誌などで『規模の経済』『範囲の経済』『経験効果』という言葉をよく耳にしませんか?
それぞれの言葉の意味をなんとなくはわかっていても、その違いについてはよくわからないという方も多いのではないでしょうか。
実は私たかぴーもその一人だったりします(笑)

そこで今回は『規模の経済』『範囲の経済』『経験効果』についてまとめてみました!
この記事でそれぞれの違いを理解してもらえたら嬉しいです。

また、各語句の意味について理解している方は、最後のまとめだけ読んでみてくださいね!

続きを読む

コモディティ化から脱却する方法を事例を紹介しながら解説

どうもたかぴーです!

今回のテーマは『コモディティ化』です。
最近このワードを耳にしたり、新聞記事やウェブサイトで目にすることが多くなってきました。
そこで今一度『コモディティ化』に関して正しく理解し、どうすればコモディティ化から脱却できるのかについて、考えていきましょう。

続きを読む

ネットワーク外部性を活用すると儲かる理由を事例とともに解説

どうもたかぴーです。

今回解説していきたいのはズバリ『ネットワーク外部性』です。
経済・経営学を学んだことがないと、なかなか耳にしない言葉ですが、一度覚えると世の中の見方が変わります。
なぜなら、儲かっているビジネスがなぜ儲かっているのか見抜くことができるからです。

では前置きはこのくらいにして、まずは経済学用語の『外部性』の説明からいきましょう。

続きを読む

破壊的イノベーションにより大企業が滅びる理由

前回の記事
クリステンセンの破壊的イノベーションの意味を理解する
で解説したように、破壊的イノベーションは製品・サービスの価値要素を低下させる変わりに、
他の価値要素を向上させるタイプのイノベーションです。

イノベーションジレンマの著者クレイトン・クリステンセンは、
破壊的イノベーションが原因で、大企業は築き上げた業界の地位を失うと述べています。

なぜ大企業は破壊的イノベーションへの対応に失敗してしまうのでしょうか。
今回はその理由を探っていきましょう。

続きを読む

破壊的イノベーションと持続的イノベーションの違いを事例で解説

どうもたかぴーです!

破壊的イノベーションはクリステンセン著『イノベーションのジレンマ』で初めて紹介されました。
その内容はイノベーション論の常識を覆す、学問的にも革新的な理論で、当時は感動すら覚えた記憶があります。
しかし、この本は難解で、一読してもなかなか内容を理解できません。

そもそも破壊的イノベーション・持続的イノベーションという訳が悪いという話もよく聞きます。
読者にとって何が破壊されたのかイマイチよくわからないのです。

そこで今回は、破壊的イノベーション・持続的イノベーションの意味・違いをできるだけわかりやすく解説したいと思います。

続きを読む