経営学

下請けと元請けの違いとは?メリット・デメリットを解説!

下請け業者という言葉を聞いたことはありませんか?

自動車や建設、IT業界などでよく聞きますが、BtoBの企業であればごく一般的に使われるワードです。

「下請けは利益率が低くいため、元請けで仕事をすべき」

なんて言われていますが、そもそも下請けと元請けにはどのような違いがあるのでしょうか?

今回は下請けと元請けの違いと、それぞれのメリット・デメリットについて解説していこうと思います。

続きを読む

ビジネスマンが成功するために経営学を学ぶべき3つの理由

経営学は経営者が勉強するための学問だと思っていませんか?

確かに経営学は企業の成功方法を研究する学問なので、そういった意味では経営者にとっては必須な学問なのかもしれません。
しかし、会社の従業員として働く以上、その会社の成功に貢献しなければならないはずです。ということは、企業の成功方法をまとめられた経営学を学べば、自然と自分自身がどのように働けばいいのかわかるようになりますよね。

それでは具体的にビジネスマンが経営学を学ぶことでどのようなメリットがあるのでしょうか?

今回はビジネスマンが経営学を学ぶべき理由を3つにまとめてみました。
経営者はもちろん、管理職から新入社員まで全てのビジネスマンにとって、経営学は必須の学問だということがわかるでしょう。
ひいては、自分の人生をよりよくするためにも経営学は役に立つものなのです。

続きを読む

ROE、ROI、ROA それぞれの違い まとめ

ROE、ROI、ROAという用語の違いについてご存知でしょうか?

財務分析や株式投資の勉強をしていると、必ずといっていいほど出現する用語ですよね。
なんとなく利益を評価するための指標として大切だということはわかりますが、ほとんど同じようなローマ字が3文字並んでいるだけで、混乱してしまいますよね。

ブログのネタ探しの都合上、企業の財務分析をしなければいけないことが多くなってきたので、自分への備忘録としてそれぞれの違いを書き留めておきます。

続きを読む

経験効果を発生させる6つの要因!これでコスト削減を実現しろ!

アイキャッチ

経験効果とは、「累計生産量が倍増するたびに、一定の比率でコストが減少する現象」とされています。
それまでの経験量がコスト削減に貢献しているという理論ですね。

ところで、この経験効果とは具体的にどのような要因から発生しているのでしょうか?

確かに経験を積み重ねることでコツをつかんで、要領がよくなるという経験はだれにでもあるはずです。

しかし、実際の企業活動では従業員の効率アップにも限界があります。

それでは、他にも経験量がコストに影響を与えてる要因があるのではないでしょうか?

もしその項目がわかれば、現在の事業でどれだけの経験効果が期待できそうか、推測することができるかもしれませんね。

そこで今回は、経験効果を発生させる要因を7つにまとめてみました!

続きを読む

経営学部生に贈る、誰でも簡単に、最高の卒論を書く方法!

大学4年生になって卒業論文の書き方について困っていませんか?

「卒業のためには卒業論文を書かなきゃいけない。どうせなら4年間の集大成としていい論文を書き上げたい!」

志は高くても、実際に始めてみると何から始めていいのかわかりませんよね。

「自分は勉強不足だったんじゃないか…」

なんて落ち込んでしまう人もいるかもしれません。

でも大丈夫!気にすることなんてありません!
企業・社会に対して少しでも興味を持つ気持ちがあれば、誰にでも簡単に卒業論文を書くことはできるんです!

今回は、そんな経営学部生のために正しいテーマの決め方、論文の書き進め方を解説してきます。

ぼくはこの書き方でわずか2カ月で卒業論文を書き上げました。
しかも所属ゼミで優秀論文に選ばれるほど、質の良い論文にできたんです!

続きを読む

【知らなきゃ損】VRIO分析には問題点が3つある!

アイキャッチ画像

VRIO分析は企業の競争優位性をはかる時に用いられる分析フレームワークのひとつです。

VRIO分析を使えば、分析する企業が将来にわたって競争優位が保てるかを判断することが可能とされています。
確かに、VRIO分析では

「自社の競争のポジションが長期的に保証されているか?」

「ライバル企業を打ちのめすにはどうすればよいのか?」

という問いに答えるために、重要なヒントを与えてくれるかもしれません。

しかし、VRIO分析には3つの問題点があることを忘れてはいけません。
今回紹介するVIRIO分析の問題点を置き去りにした分析は危険だと考えます。

続きを読む

業界分析に使えるファイブフォース分析でチェックすべき35項目

アイキャッチ

企業の利益は企業戦略やビジネスモデルによって決まる一方で、業界全体の構造によっても影響を受けます。

そういった意味で、業界全体を見通し、問題点や競争優位性を見つける作業は、企業分析を行う上で欠かせません。

このような業界分析でよく用いられるのがファイブフォース分析というフレームワークです。
続きを読む

超簡単!3種類のスイッチングコストをまとめて解説

スイッチングコスト

スイッチングコストはマーケティングを行う上で、絶対に抑えておきたい考え方のひとつです。スイッチングコストをうまく活用すると、新規顧客をつかまえやすくなり、そしてつかまえた顧客を逃がさない仕組みをつくることが可能となるためです。

続きを読む

【5分でわかる】バリューポートフォリオをわかりやすく解説

バリューポートフォリオ・マトリックス

バリューポートフォリオは経営戦略で用いられるフレームワークの一つです。

プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)と同じく、ボストンコンサルティンググループが考案したフレームワークですが、PPMと比較すると少しわかりにくいような気がします。
もう少し詳しく知りたくてネットで調べてみても、概要をまとめたサイトしかありませんでした。

ここは自分で解説するしかない!!

という謎のモチベーションがこみあげたので筆を執りました。できるだけ詳しく、そしてわかりやすく解説していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

続きを読む

3分でわかる!マーケティングミックスの4Pと4Cの違い

アイキャッチ

マーケティングの勉強をしていると必ず出てくるのが、マーケティングミックスの4Pと4Cです。

「4Pは供給者目線で、4Cはお客様目線!」

なんて説明をよくされますが、具体的に何がどう違うのかしっくりこないという方も多いのではないでしょうか?

僕自身、視点を変えるだけなら、わざわざ理論としてわける必要がないでは?と思います。
名前も似てるし、紛らわしいのでどっちかひとつに統一してほしいですよね!

そこで今回はマーケティングミックス4Pと4Cの違いを具体的に考えてみました!

続きを読む